Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
犬好き管理人の思ったことやかんじたことを書き連ねてます。
<< A THOUSAND WINDS〜千の風〜 | main | 犬の飼い方マニュアル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
忘れないよ・・・・。


ビビアンが死んでしまって3ヶ月。
今でも、ビビの気配を感じて夜中に目が覚める・・・・。
暗闇の中、じっと目を凝らして、
以前のようにビビがそこで寝ているのを確かめようとして、はっと気がつく・・。

・・・・もう、ここにはいないだってことに・・・・。

6年前我が家にやってきてくれたビビアン。


ビビアンのこと。

ビビアン・・・・、可愛い陽気な私の宝物。
我が家の宝物の中で、一番陽気でお茶目で人が大好きで
お日様のように明るい娘。
だけど、一番苦しく辛い時を過ごした子。



風ちゃんがいつも散歩に行く公園の横の家に可愛い金色の毛をした子犬がやって来ました。
でも、彼女は1日の大半を、真っ暗で日の光の入らない物置で過ごしてたのです。
飼い主が気が向いた時に公園の木に繋ぐ・・それが唯一お日様を見ることが出きる時。
他の犬を寄せ付けない風ちゃんが心を許した数少ない子・・・・それが、彼女。
・・・クルタと名付けられたゴールデンの娘・・・後のビビアンでした。



私が知っていた彼女は、
暗い物置に閉じ込められて、
1年も経たないのに、雑種の子犬を産んだ犬。
いつも真っ黒で毛玉が一杯で臭い子。
可哀想に・・・と言うのが実感でした。


散歩の時、おやつをポケットに忍ばせて彼女のとこへ。
「おばちゃんちの子になれば良いのにね・・・」とつぶやく私を見つめる瞳は
何かを訴えているように見えました。。
紐を振りほどいて、私を追いかけて来たこともありました。
・・・犬は飼い主を選ぶ事は出来ない・・・・悲しい現実がそこにありました。


それでもお世話して下さってたおじいさんが生きている間は
お日様もたまには見ることも出来たし
ご飯も毎日貰えていたのでしょう・・。


世話していたおじいさんが亡くなったのは、彼女が2歳になる冬。
世話をする人が無くなり、その次に私が見たとき、
あっ・・と、思わず声が出るほどやせ細ってました
飼い主は彼女をもてあましていたのです。


そして、縁あって、我が家の娘になりました。


どんな生活をしていたとしても、人を疑う事を知らない可愛い子。
迎えに行った私をちぎれんばかりのしっぽで向かえてくれた子。
たくさんの毛玉と洗っても洗ってもきれいにならない体
シャンプーして毛玉をとって乾かして
格闘する事、3時間!
お風呂上りに、テーブルの上のどら焼きをパクッと
食べようとしたいたずら娘の安心した笑顔がそこにありました。
毎晩の夜鳴きがその晩から、ぴたっと止まりました。


昔を忘れる為に、ビビアンと名付けたのはしっぽパパ。
ビビアンはしっぽパパの自慢の娘になりました。
白い毛から金色に戻ったその姿は
パパやママの喜びです。

フィラリアに罹っていたのは残念だけど
治療ができる若さがあったのが
不幸中の幸い。


今も、昔住んでいた家の横の公園に
風兄ちゃんと毎日散歩に行きます。
でも、我が家に来てから、唯の一度も
昔住んでいた家に近寄ることはありません。


もしも、運命とか宿命とかそう言うものがあるならば
ビビと初めて出逢った時から
我が家に来る事が決まっていたのかも知れません。
回り道を少ししましたが・・・・。



絶対忘れない。
もう風兄ちゃんとお散歩できなくなったけど、
心は、いつも一緒にお散歩してるからね・・・・
| 犬こらむ | 21:05 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:05 | - | - |
はじめまして。
はなポンさんのHPから来ました。2001年7月・8日にあらゆる看護・介護も空しく、15年3ヶ月で天国に旅立った我が家の愛犬エディがはなちゃんにそっくりなのです。いつまでもエディの事が忘れられない私は、大阪から埼玉まで年に数回はなちゃんに会いに行っています。エディは2ヶ月位の時拾った雑種ですが、私にとって子供同様 いやそれ以上に不憫でいとおしい存在でした。今、ビビアンちゃんのことを読んで、しっぽままさんの優しさと行動力にに感動し涙が出ました。ビビアンちゃんはしっぽままさんの愛情をいっぱい受けて、沢山の仲間と楽しく暮らせて、本当に幸せな一生だったと思いますよ。これからもよろしくね!!
| 成田基二子(クニコ) | 2004/12/25 12:22 PM |









http://vanillacocoa.jugem.cc/trackback/15
ビビちゃんの思い出。
引き続きの更新です。 大型台風7号が接近中のせいか、今日は一日中湿気のある不安定な天気でした。 明日の夜には暴風域に入るような予報ですが…、午前中のうちにエルミナの新しいカッパを買ってきた方がいいのかなー。うーむ。 (↑朝から大雨だったら、潔く諦めた
| ボルゾイ暮らし ペタレ新聞2005 | 2005/07/25 8:02 PM |